目の付け所が斜め上下 (http://menotsu.blogspot.jp/ のBackup版)

「Google検索でなかなか見つからない情報を、独自視点で備忘録も兼ねて掲載」の予備サイトです。

スマホ用軽量レイアウト版を用意しました。→ 本家サイト


■2017年5月現在の斜め上下な昼休みや通勤・通学時間帯でも速度低下しにくい格安SIM(MVNO)ミニ特集
(遅い格安SIMに削られる時間を仕事にあてたら、いくら得するだろう・・・・):
・au系LTE回線なら UQ mobile (リンク→auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQ mobile】)
・ドコモ系LTE回線なら LINEモバイル(リンク→LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!)
・simフリー端末で最速の格安SIMを目指すなら少し高めでもワイモバイル (リンク→Y!mobileストア)
3社のテレビCMを観ましたが上記の通信速度のメリットには触れず(2017年4月現在)。モッタイナイ。


山椒の芽と実と花椒とジワジワくる癖になる痺れ感について @食べ物 @家庭菜園

この時期は山椒の芽が美味しいです。春は新鮮な山椒の芽を収穫できます。

170513-04.jpg

欲張って大きな葉も取りましたが、柔らかいので枝まで食べられました。

納豆にも、卵ご飯にも、その他色々な料理に使えます。味はうなぎにかける山椒の実とは違った、爽やかな香りと痺れる感じが楽しめます。

昔、中国で本場の麻婆豆腐を食べたのですが、唐辛子の辛味とは別に花椒(カホクザンショウ)というスパイスで舌がジワジワと痺れ、刺激的で病みつきになりましたが、その時の痺れ感を山椒の芽は思い出させてくれます。痺れ感は花椒の方が強いですが、どちらも山椒なので、同じサンショウオールとサンショウアミドが独特の痺れ感を出していると考えられます。


この後、山椒の実が膨らんでくるのですが、直径2, 3mm程度に膨らんだ後、硬くなる少し前の実はプチプチとして、良い感じの痺れ感が楽しめます。この時の痺れ感は山椒の芽よりも強いため、それを食べられる時期が待ち遠しいです。生だからこそ楽しめる食感です。

山椒からすれば「せっかく育てた我が子だから食べられないように刺激を強くしよう」としているみたいですが、逆効果ですね。美味しく頂きます。

春は色々な味覚を楽しめますね。
蚊も出てきますが。

参考資料:
http://www.seikatu-cb.com/kousin/sanshou.html


(コメントされる場合はコメントの最初にjjjjと入れて下さい。無い場合はスパムとみなされてしまいます。 English comments will be welcomed. If you have any comments, please write ‘jjjj’ at first of your comments OR spam filters will delete your comments.)

スポンサードリンク