目の付け所が斜め上下 (http://menotsu.blogspot.jp/ のBackup版)

「Google検索でなかなか見つからない情報を、独自視点で備忘録も兼ねて掲載」の予備サイトです。

■2020年2月現在の昼休みや通勤・通学時間帯でも速度低下しにくい格安回線(MVNO)特集
 (遅い格安SIMに削られる時間を仕事にあてたら、いくら得するだろう・・・・)

■期間限定ポイントの消化にいかが? JCBギフト・ nanacoギフト(yahoo) ・ギフト券店(楽天)


■お得な招待コード or 招待ページ
メルカリ:FEKMZK、楽天unlimit:gBG3pm87cFdG、ポイントサイト モッピーアメフリげん玉

免責:本ブログにより生じた損失について本ブログの記述者は一切の責任を持ちませんので、その程度の内容としてご活用下さい。出所が怪しい情報は新規の着眼点を得るために使うべきで、興味を持った場合は信頼できる情報源(実体験含む)で検証して下さい。さらに、その検証結果を公開してもらえると有り難いです。なお不具合の注意喚起は公衆の不利益回避のためであって、他者を攻撃するためではありません。



スマホの動きが変だと感じた時に悪さをしているアプリを特定し対処するコアな3つの方法 @トラブル対処 @スマホ @注意 @モバイル

■■■ 3つの方法 ■■■

お決まりの方法である、OS再起動、Battery mixで確認、開発者向けオプションの「CPU使用状況を表示」を使用しても、問題解決しない場合の3つの解決方法です。

  1. 最近インストール・更新されたアプリを自動的にリストアップし、アンインストールしていく
  2. 無駄にGB単位で記憶領域を占有しているアプリをとりあえず探してみる
  3. 無駄にCPU使用率が高いアプリをADBコマンドで特定しアンインストール


下に続く・・・
スポンサードリンク

■■■(1)最近インストールしたアプリを消す方法 ■■■

最近インストール・更新されたアプリを自動的にリストアップし、アンインストールするには Total Commanderというアプリを使います。Androido2の時代から愛用しています。

Total Commander起動直後、画面下部を押して、下図の一番右下のボタンを押すと、日付/時刻で並び替えを選択できるので選択すると、新しくインストールした順番にアプリがリストアップされます。

その後、最近インストールした、スマホに悪影響を及ぼしていると思われるアプリのアイコンを押していくと下図の様にチェックマークがついて複数選択できるので、最後に下図右下のXマークを押すと削除するか聞かれます。

削除すると、選択したアプリのアンインストールが完了します。

 

余談ですが、この時に選択したアプリの一つを長押ししていると、コピーの選択肢が出るのでコピーして、ほかのフォルダーを長押しすると「貼り付け」が有るので張り付けると.apkファイルとしてアプリの保存ができます。


下に続く・・・
スポンサードリンク

■■■ (2)GB単位で記憶領域を占有しているアプリを探してみる ■■■

経験上、スマホの記憶領域の残りが600MB以下になると極端に動きが遅くなり、無駄なファイルを消して記憶可能領域を増やすと元の動作速度に戻ります。SSDなのに、断片化でも起きているのかな?

■ 方法(機種やバージョンによって違いが有るかもしれません):

Androidの設定画面から次の順で進んで行くと、記憶領域を圧迫している順にアプリが表示されます。

ストレージ > 内部共有ストレージ > その他のアプリ 

 数GB以上も圧迫している異常なアプリが有る場合、選択すると「ストレージを消去」という項目が有るので押すと、そのアプリのユーザーデータを消せます。

 

私の場合はこの記事の様にYahoo製の複数のアプリが数GB~十数GBものユーザーデータを作っていて、アプリをアップデートしても治らなかったため、そのアプリのユーザーデータを消しました。動作速度は元に戻りましたが、そのアプリの設定も初期化されるので、バックアップできる設定はバックアップした方が良いです。 


下に続く・・・
スポンサードリンク

■■■ (3)ADBを使う方法■■■

無駄にCPU使用率が高いアプリをADBコマンドで特定しアンインストールするにはPCとつないで下記ADBコマンドをコマンドプロンプトで実行します(使用するadb.exeは「SDK Platform-Tools」という名前でこちらからダウンロードできます)。

簡単ですがUSB デバッグの有効化する必要が有ります。

Windowsコマンドプロンプトから「adb shell dumpsys cpuinfo」を実行します。

もしダウンロードしたZipファイルを「d:\platform-tools_r30.0.3-windows.zip\platform-tools」に解凍した場合は以下の2コマンドで代用します。

cd /d "d:\platform-tools_r30.0.3-windows.zip\platform-tools\"

adb shell dumpsys cpuinfo

■注意点■
PCとスマホを繋いでPCがスマホを認識して内部ストレージなどが表示されPCがスマホを認識しているのに、ADBコマンドを実行すると
adb.exe: no devices/emulators found
とエラーが出る場合、PCがスマホを外部記憶装置と認識しているがadbの対象スマホとしては認識していないので、スマホごとに製造会社から用意された専用ドライバー(例)を入れる必要が有ります。場合によってはスマホとPCをUSB接続した状態でwindows updateを行なうと下図の様にインストールされる事が有ります。

 

また、スマホ側で「PCからの接続を受け入れますか?」という趣旨が表示される事が有り、これを許可する必要が有ります。私はこれらに気が付かず、時間を無駄にしました。


ちなみに、コマンドプロンプトは嫌がらせかと思うほど使いにくいので私は「adb shell dumpsys cpuinfo > tmp.txt」等と出力結果をテキストファイルに吐き出した後それを使い慣れたテキストエディターで閲覧しています。

下に続く・・・・。

スポンサードリンク




次に、得られた情報からCPU使用率が高いアプリのID(例:com.aaaa.bbbbb)を特定しGoogle検索などで調べて消すべきアプリであれば下記例の様にadb uninstallコマンドでアンインストールします。

adb uninstall com.aaaa.bbbbb

なお、「adb uninstall -k 」と入力すると、アプリのデータが保持され、再度インストールした時に前の状態を引き継ぐことが出来ます、との事です。

引用: https://andmem.blogspot.com/2015/06/adb-install-uninstall-apk.html


ただし、時々起きますが再度実行しても同じ時間帯のCPU使用率しか得られない場合は、いったん
adb kill-server
を実行しUSBケーブルを抜き差しして、再度adb shell dumpsys cpuinfoを実行する必要が有ります。

ちなみに私はバッテリーが異常に減っていく症状に出くわし、上記方法で2回「Clip Stack」というアプリが暴走していることを突き止め、アプリを再起動して問題解決しました。CPUを占有するアプリを探す際によく使われてきた「Batery mix」ではこの「Clip Stack」はCPU使用率が表示されなかったので、残念ですが、私のAndroid10、11では 「Batery mix」は役に立たなくなったようです。

 
(コメントされる場合はコメントの最初にjjjjと入れて下さい。無い場合はスパムとみなされてしまいます。 English comments will be welcomed. If you have any comments, please write 'jjjj' at first of your comments OR spam filters will delete your comments.)

スポンサードリンク

pythonのraw文字列は文字列末尾の¥または\(バックスラッシュ)を正しく扱えない事に起因する罠 @python @注意 @windows

■■■ 罠 ■■■

末尾という言葉に油断していると以下の様な罠にはまります。

r"c:\aaa\b.txt".replace(r"\","/")
は「SyntaxError: EOL while scanning string literal」とエラーが出ます。
つまり「文法誤り:文字列の末端(")を探していたら文末(End Of Line)に来ちゃったよ」と怒られます。



下に続く・・・
スポンサードリンク


■■■ 理由 ■■■

実は「"\"」の\によって\の後ろの「"」が正規表現的にエスケープされることで、前の「"」のペアとして認識されなくなり、Python側からは文字列が「"」で閉じられていない、と認識されてしまうのです(raw文字の仕様としてオカシイと思いますが・・・)。

このように"\"の様に1文字のみの文字列も末尾が(バックスラッシュ)になるので罠にかかるのです。

よって「r"\"」を「"\"」と取り換えて

r"c:\aaa\b.txt".replace("\","/")
は「'c:/aaa/b.txt'」と正しく置換されました。


下に続く・・・
スポンサードリンク

■■■ 同様の罠■■■

ちなみに上記replaceメソッド以外にもrepr関数でも生じます。
repr("\") >> SyntaxError: EOL while scanning string literal

公式ドキュメントhttps://docs.python.org/ja/3/library/re.html?highlight=match%20start
では「ごく単純な表現以外は、全て raw 文字列を使うことを強く推奨します。」
とか書かれていますが、どうでしょうか? 私は危険な気がします。

あと、文字コードの違いでWindowsMacでも面倒な事が有るので、replaceメソッドではなく、関数re.subを使った方が良いらしいです。
https://dianxnao.com/python%EF%BC%9A%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E5%8D%8A%E8%A7%92%EF%BF%A5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%92%E7%BD%AE%E3%81%8D%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%952%E7%A8%AE%E9%A1%9E/






(コメントされる場合はコメントの最初にjjjjと入れて下さい。無い場合はスパムとみなされてしまいます。 English comments will be welcomed. If you have any comments, please write 'jjjj' at first of your comments OR spam filters will delete your comments.)

スポンサードリンク

あまり語られないスプレー型の簡易消火器の注意点 @注意 @安全

下の動画1:40以降を観ると最初の5秒程度はスプレーの水分が燃える油を飛び散らせて炎が逆に舞い上がりますが、水以外の消火成分でその後すぐに消火します。

https://www.youtube.com/watch?v=72qgmz8iP3U

これを知らないと最初の数秒でひるみそうなので、要注意です。 

油火災は水道水で消火すると逆に炎を飛び散らせて逆効果と言われていますが納得できました。

また電気火災の場合、液体型消火器では消火活動で出た水たまりに触れると感電の恐れもあるので、必ず消火活動後はすぐにブレーカーを切って水を拭き取ってください。 こういう時のために粉末タイプの消火器が有るのかもしれませんね。

液体タイプに比べて寿命も2~3倍長いようですし

https://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/kurashi/anzen/bosai/bosaiyohin/shokaki.html

を見ると液体タイプの消火器の詰め替えは粉末型よりも不利なようです。もっともスプレー型消火器は詰め替えには対応しておらず、普通にスプレー缶として廃棄した方が安上がりでしょう。


スポンサードリンク


(コメントされる場合はコメントの最初にjjjjと入れて下さい。無い場合はスパムとみなされてしまいます。 English comments will be welcomed. If you have any comments, please write 'jjjj' at first of your comments OR spam filters will delete your comments.)

楽天モバイルのサーバーがまたもダウン @注意 @モバイル @楽天モバイル

11:30辺りから楽天モバイルun-limitのサーバーがまたもダウン。


 

以下の実害が発生中。

  • データの高速・低速を変更できず(低速のままにしているので、それなりにストレス)
  • データ使用量を確認できず
  • 契約内容を確認できず
  • 楽天モバイルのアプリにログインできず

 月末付近になるとよく起きるのでしょうか?

去年も夏ごろの月末に、ほぼ丸1日データ高速・低速の切り替えができませんでした(それ以外も有ったかもしれません)。

4月から1GBまで無料にするそうですが、まだ実験段階なので妥当な所でしょうか。

ユーザーは無料で試せて、楽天は回線のチェックを業者に発注するより安く行なえて両者得する良い案だと思います。メイン回線にするのは危険ですが。

なお楽天モバイルun-limitを契約する際に利用する紹介者コードはこちらです:gBG3pm87cFdG。

 

11:59 追記:復旧したようです。

短い間だったので、下の記事も考慮すると、アクセス過多でサーバーが落ちたのかもしれませんね。楽天市場も時々アクセスが多そうな時間帯に理由にリンク切れしますし。となると今後も同様の事が年単位で起きるのかもしれません。

https://menotsu.blogspot.com/2021/01/amazon.html

 下に続く・・・
スポンサードリンク


(コメントされる場合はコメントの最初にjjjjと入れて下さい。無い場合はスパムとみなされてしまいます。 English comments will be welcomed. If you have any comments, please write 'jjjj' at first of your comments OR spam filters will delete your comments.)

スポンサードリンク

水中で銃を発砲すると弾道と弾はどうなるかの実験映像 @実験

Youtube上のタイトルと実験の趣旨は、水中のサメを銃で殺すには?的なものですが、副題として「水中で銃を発砲すると弾道と弾はどうなるかの実験映像」と書けば視聴者数が飛躍すると思うのは私だけでしょうか?この動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=j9pPVwdMFg0

スーパースローで水中の泡が膨張したり収縮したりして、いかにもキャビテーションを起こしていそうな映像です。

やはり高速で動く弾には水の抵抗はきついらしく、2m届かなかったり、殺傷力を高めるために人体内で裂ける弾は水中でも裂けていました。


(コメントされる場合はコメントの最初にjjjjと入れて下さい。無い場合はスパムとみなされてしまいます。 English comments will be welcomed. If you have any comments, please write 'jjjj' at first of your comments OR spam filters will delete your comments.)

スポンサードリンク

免責:本ブログの内容により、いかなる損失が発生しても本ブログの記述者は一切の責任を持ちませんので、その程度の内容としてご活用下さい。